先立った兄貴に家族を宜しくと頼まれたので母×娘まとめて中出し調教して服従させる事にした―。 小早川怜子 有岡みう

マドンナ

夫を亡くし、残された妻の怜子と娘のみう。そんな2人を救ったのは義弟の健治だった。生前の兄から2人を託され、怜子に恋心を抱いていた健治は快諾して3人での生活が始まった。しかし、健治が2人を受け入れたのは秘めていた想いと欲望をぶつける為だった。その思惑に気付き、家から逃げ出そうとする二人だが待ち構えていた健治に拘束されてしまう。そして陵辱と中出しの日々に堕ちた2人はある日をきっかけに豹変して、今度は逆に健治を犯し始める。

義姉である怜子は以前から性欲が強く、夫との夜の生活も淡白な物で欲求不満を抱えていた。そこへ夫の死という切っ掛けが訪れて、我慢していた性への衝動が爆発してしまう。義妹のみうに対しては最初は同情していたが、次第に可愛く思えて来て庇護欲や母性と嗜虐心の板挟みになってしまう。その結果としてみうに対して異常なまでの執着を見せるようになり、常に傍に置いて自分の所有物にしようと考えている。

義理の弟である健治とは結婚前から肉体関係があり、お互いに愛し合っていた。夫の正樹を亡くした事で健治との関係を深めていき、今では完全に彼に依存してしまっている。元々マゾ気質だったが、健治によって調教された結果Sっ気の強いド変態になってしまった。

みうに対する愛情は本物であり、彼女を守る為にならどんな事でも厭わない覚悟を持っている。その為には自分を犠牲にする事すら躊躇わず、結果的に彼女を危険に晒してしまう事も度々ある。

先立った兄貴に家族を宜しくと頼まれたので母×娘まとめて中出し調教して服従させる事にした―。 小早川怜子 有岡みう

 ※本文と動画の内容はあまり関係ありません
タイトルとURLをコピーしました